厭世メモ

メンヘラフリーターの気になることメモ帳

テグとマイスリー 入門編☆

f:id:ensei_diary:20160115120850j:image  f:id:ensei_diary:20160115120816j:image
f:id:ensei_diary:20160115121520j:image


マイスリーは内科でも簡単に処方してもらえる、依存性のない睡眠導入剤です。
ODする場合の目的はだいたいに分けて3つ。

⑴とにかくわけをわからなくしたい
つまり、意識を飛ばして現実を(短時間)見ずにいられる状況をつくる。

⑵精神的不安定により、体調に症状が出てきてしまう場合の一時しのぎ
精神的な理由により、過呼吸や動悸などの形で体に出てしまう場合そのとりあえずの対処として、マイスリーや他精神薬を過剰に飲んで気分を上げることでその症状を強制的に落ち着ける。
(普通の量で適切に飲む場合はODとは言わない)

⑶自分の体調の変化を楽しみたい
薬の過剰摂取をすることで、自分の体調の変化を楽しみたい。
または、自分の体への負担を楽しむ一種の自傷としたい。


厭世はこのうち、⑵をベースに⑶を足したようなカクテルリーズン?です。
去年末に、ODからの過食嘔吐で脱水症状と過呼吸を起こして点滴をしているのですが、
その時から現在、過呼吸癖がついてしまったようです。
これまでは、1人でいる時間や外出時などに過呼吸の予兆といったレベルでは出ていたのですが、ついに息がうまくできない状態が出てきてしまい、また「過呼吸が怖くて過呼吸を起こす」といった悪循環をつくってしまいました。

過呼吸が起きそうでコワイ、耐えられないという状態になったときに厭世はマイラリします。
コワイよね。だって、息ができないことがどれだけコワイか!
誰も助けられないものな。

まず、厭世の過呼吸回避法は簡単。
どう耐えたって、今日は無理そう〜って日は「過呼吸になる前に」薬を飲みます。
アッパー系!

マイスリーだと、10分〜13分で効き目が自覚できます。
マイスリーのすごいところは身体がいきなり軽くなったようにブワッと効き目が自覚できるところです。「ああ、これで大丈夫!」って思ってしまう。そして実際大丈夫なんです。

過呼吸に対しては

マイスリーの難点、ここであげておきましょう。

⑴とにかくわけがわからなくなる

ODをする3つの理由で書きました。そう、とにかくわけがわからなくなるんです。
量を少量にすればあるいは気持ちよくお付き合いできます。
しかし、過剰に摂取した場合、①幻覚や幻聴②意味不明な思考③普段抑制しているものの解放 
この3つが主にデメリットとなってきます。
突き詰めれば幻聴や幻覚を楽しんだり、抑制解除のためになんて人もいますのでこういうところでODに対するスタンスは人それぞれだねなんて、おしゃべりの1つになってしまうのでしょうが、
今回は一般的に、という話を進めていこうかな。

私が上記で自覚している状態は二つ。②意味不明な思考、③普段抑制しているものの解放、です。

この二つがないと私は普段、道を歩くのもこわい、つらいになってしまいます。
それでも半年前よりだいぶよくなったけど。

???
なにを書こうか忘れました笑笑
結構前に書いた下書きでした