厭世メモ

メンヘラフリーターの気になることメモ帳

ママの神様

最近、世知辛ちゃんとクリーピー(映画)を見に行ったことをきっかけに北九州監禁殺人事件のルポ文庫を読みました。

それをきっかけにたくさん、小さい頃のことを思い出します。

 

私が小学生〜中学生の頃、家にはたくさんのオバサンたちが入り浸っていました。母親の信仰していたカルトの信者たちです。

母親はそのころ、40歳前後でしたがオバサンたちはだいたい40-60代でにこやかな人が多かった。私は玄関のすぐ横にある客間に挨拶をしてから部屋に戻るのが日課になりました。

 

カルトにはだいたい「地区」というものがあり、その中でもリーダー的な信者が決まっています。たぶんどこの団体も同じじゃないかと思います。

うちの地区のリーダーはAさんでした。60代の人当たりのよい、やわらかい笑顔。うちに来るオバサンたちに慕われ、母親もAさんが言うならと言うことを聞くような、見ていて不安な気持ちになる有様でした。

 

Aさんは一時期Bさんを部屋に匿っていました。私は幼かったので詳しいことはわからないけど、Bさんは病気でほぼ寝たきりで、Aさんの部屋の簡易ベッドに寝かされていました。

私は母親に、毎日のようにAさんの家に行って神様にお祈りするよう言われていたのでよく顔を合わせましたが隣の部屋で寝ていることもありました。

 

結果的にBさんは亡くなりました。私は顔を合わせるだけでそれほど関係があるわけでもなく、母親か家に来たAさんから「Bさんが亡くなった」と知らされただけ。

寝たきりになるほどの病気なのに病院に行かず神様信じてたら、そりゃ死ぬよねと小学生の私は思っただけです。母親のこともうさんくさい。神様なんて都合がいい。

 

AさんはBさんを殺したんでしょうか。

Bさんはそれほど拒んでいるように見えなかったけど、望んであそこにいたのか家族に押し付けられたのか家族がいないのか私は全く知りません。

 

母親が信心しているカルトに、私も入れ、父親も入れろとAさんは母親に吹き込んでいました。信じた母親は本当に馬鹿です。

 

何が北九州監禁殺人事件に関係があるのかというと、家族じゃない誰かの言うことを頭から聞く人間が家族にいるというところです。

そして、うちの学区はそんな家庭がゴロゴロありました。小学校にも中学校にも、私のような被害を親から受けている子供がたくさんいた。あまつさえ、教師が信者だったこともある。私は何回か宗教施設で部活の顧問に挨拶したことがあります。

 

そういうことをしていると私のように、歪んだ子供ができあがるわけですね笑

10歳でリストカットを覚え以降私は現在25歳になるまでやめられていません。全身に刃物傷があるし、セックスを覚えてからは誇れるような恋愛をしていません。恋愛じゃないけど、、、笑

 

ただし、私はまだ学区内の子供の中ではマシな方です。うちの母親と同じカルト信者の親から、「殺すぞ!」と虐待されていた同級生もいたし、今住民票を移して行方不明の人もいるそうで。

 

母親のカルト信仰は、私が22の時に足を血まみれにし、「やめてくれないなら死ぬ」と迫ったことで終わりを迎えました。

いつしか父親に隠れて(私からはまるわかりでしたが)信仰するようになっていたので、父親は気づかなかったといいその時初めて話し合いに加わりました。

馬鹿です。離れて暮らす祖父母も気づいており、私も当然父親は気づいているものだと思っていました。

今でも、言い訳だと思っています。

 

あの頃、Aさんがうちを乗っ取ろうとしていなくてよかった。Aさんは神様を信じていた。自分の治療も拒否して神様が治してくれると本気で思っていた。

母親はいろんな人に翻弄されて、娘に首吊りされて今何が残っているんでしょうね。

 

今Aさんがどうしているのかはわかりません。でもきっと同じところに住んでいる。私の実家から徒歩5分圏内にいる。

早く死ね。

 

 

 

 

 

 

お刺身三点盛り398円

f:id:ensei_diary:20160714190849j:image

思いの外小さな画像になってしまいましたw

世知辛ちゃんからいただいたリルの(Lilou)イヤリングとヘアゴム!タッセルは最近の一番の流行りですね、とってもかわいく女性らしいアイテムです。大ぶりなものはシンプルな服装のアクセントになってくれる、ついつい手が伸びてしまうアイテムです。

ヘアゴムはヤギ。ウサギ、クマ、ネコ、などがありそれぞれ黒白二種類展開。もちろん厭世はヤギ推しですよ、ネコやウサギに媚びない女ですから。


最近、流通ジャーナリストとして活躍されていた金子哲雄さんの「僕の死に方 エンディングダイアリー 500日」を読みました。本自体は、著者が肺カルチノイドと診断されてから亡くなるまでの500日の記録です。そこには自身が流通ジャーナリストを目指し始める頃から、仕事が軌道に乗り始め、メディアにで始める頃、またそこから肺カルチノイドと戦っていく日々が書かれています。

その全編に感動したのですが、今回記事にしたいのはその本の中にあった「お刺身3点盛り398円」


 『スーパーの腕の見せ所は、いかに「398円」の中身を充実させるか、だ。』

要は、398円という値段と内容の充実で客にそのお刺身を買わせるかどうか、絶妙なラインの戦いだということだった。厭世は考える。、、、これは、もしかして、女性らしさにも言えたりして?私、こんなことばかり言ってますけど。

金子さんは本書の中でこう言っている。

『スーパーの「お刺身三点盛り398円」を比較すると、そのスーパーの勢いや、思想みたいなものが、わかってしまうほどだ。』


ほう、それではこの場合はこうだ。私はお刺身三点盛り、私を構成する要素がお刺身、買い手が世間。友達や、恋人ということ。世間様が手に取りやすい、話しやすい接しやすい女性らしさが398円となる。


ここで厭世自己分析。私の誇れる3パーツとはいったいなにか?よく言われる、自信が持てる、一番こだわっている、この3つのポイントを重要として出した答えはこう!

⑴ファッション⑵笑顔⑶メンヘラ

⑴ファッションについては、ツイッター(@cnipf)を見てくださっている方ならご存知と思います。私は古着が大好きで、学生時代からほぼ古着を探す、着ることにかなりのこだわりと時間を費やしております。だって大好きだから。こんなにカワイイものは他にないから。

古着についての熱い気持ちは先々月のブルータス古着特集を読んでから、特に伊藤陽二さんの対談を読んでからアツくてアツくてたまりません。かわいいのです。余談です。


⑵笑顔は、実際お会いする方によく褒めていただきます。実は学生時代までは、「笑ったことある?」なんて言われるほどの鋭い目つきをしていました。というか、世界が敵だった。みんなが大嫌いだったし、人と会うなんてむかついて仕方なかった。そんな私は卒業後、銀座の某ブランドで働くことで天使のような笑顔を手に入れました。そしたらどうでしょう、モテるモテる。男性からも女性からも。

このおかげでだいぶ生きやすくなりました。自殺未遂はしましたが。


⑶メンヘラは意外に思われるでしょうか。誤解を受けそうな気もします、書くのに一番緊張する。私は境界性パーソナリティ障害と気分変調症で様々な薬を飲んでいます。普段起き上がれない東あったり、どうしようもない感情の起伏に悩まされたり大変ですが100%悪いことだけでもないな、とも思います。もちろん絶対治って欲しいけど。

というのも、私はこのメンヘラという、一種のカテゴリをツール化していろんな友達を作ってきました。ツイッターではかなりの友達を作り、実際に会って週一で会うようなまでの仲にも♡

その他SNSでも包み隠さず話しても、タネになるようなことも多いのです。対男性にしても。ここは驚きました。みんな引くのが当たり前だと思っていたのに、案外みんな「俺も不眠で薬飲んでるよー」「大変だねえ、俺の友達もうつ病だから心配だよ。」など、、

女性しても、同じ病気で苦しんでいる人や似たような症状を共有することで、友達が増えました。


かわいいファッションに身を包み、よく笑う私が実はメンヘラ。

世間の皆様はこの398円を、買ってくださるでしょうか。

このブログを読んでくれているあなたは、買ってくださるといいな。











かわいくなりたい

f:id:ensei_diary:20160628223210j:image

 

かわいくなりたい、、、

服を買えばかわいくなれるのか、化粧品集めればかわいくなれるのか、彼氏つくればかわいくなれるのか、、、、、

 

幸せになりたい、、、

魅力的な女性ってなんだ?

久しぶりに日記を書こうとしてポケットWi-Fiを忘れました。カフェにまでほいほいキーボードとiPad持ってきたのに、しくりましたね。

キーボードとiPhoneで書きます。

 

 

今日はこの先の理想の女性像について書こうと思います。

 

私のツイッターをフォローしてくれている方は、昨晩私が突然語り出してびっくりしたことと思います 笑笑

昨日は友達と映画を見に行って、そのままカフェをはしごしてたくさん語り合いました。

彼女は私の7つ下のカワイイ女の子で、きっかけはツイッターに共通の友人がいたことで私が気になってフォローし食事に誘ったことです。

それ以来彼女とはファッション、恋愛、日常、映画などたくさんの話題を共有してきました。そんな彼女と一緒にいるのはすごく楽しくて、いつも次の約束が楽しみです。

 

昨日はそんな彼女と長く話したテーマがありました。「魅力的な女性とはなんだ?」

 

私たちは常にカワイくなりたいと努力しています。私は炭水化物を抜いてダイエットしているし、好きなお店の毎日の入荷情報や流行りもチェックしているし、化粧品やワンピースを買うために頑張って働いています。そしてカワイイ自負があるし。笑

 

でも、この先「カワイイだけでいいのか?」

 

これって、結構な大問題だと思うんです。私はカワイイ情報を集めるうちに、たくさんカワイくなりたい女性を見ることになりました。ダイエットを始めると、またそこで同じくダイエットをしている女性達を見かけるようになります。ツイッターでの話になりますが、美容アカウントを持つ女性達からも多少フォローをいただくようになり、ちょっとした疑問を持つことに。

 

「カワイイって、外見だけでいいのか?」

 

昨日は友達とこのテーマに多く時間を割きました。たしかに外見カワイくなりたい。毎日そういう情報を交換し、お互いアドバイスもして、自分の中では大きめのテーマ。ある種のブーム?

でも、いつまでも外見だけでいいのか?それって本当に魅力的な女性か?私はすごく疑問に思います。

 

これまで女性としてカワイイことは多くメリットをもたらしました。男性とはうまくいきやすいし、そうするといろんなプラスが自分にありました。女性と友達になるにも役に立つし、そもそも自分で自信が持てるという意味でスムーズに進む事柄が多いです。

カワイくてよかった!人生が明るい!(自殺未遂しましたけど)

 

でも、この先はどうだろうか?

 

私は今年25歳になりました。女性盛りが半分過ぎたわけです。5年前とは遊ぶ男性も全く違ってきた、いや男性だけじゃない今付き合いのある女性達も学生時代とは違います。

 

どんな人と付き合っているか?それは「中身のある人」です。

 

中身のある人?よく言うけど、それって具体的にはどういうこと?中身ってなあに?

 

彼女と話したことで、いくつかのキーワードが浮かび上がりました。まずは「こだわりのある人」

一番はココだと思うんです。こだわり。ファッションでも、メイクでも、映画や音楽などの趣味でも、仕事でも、なにかしらのこだわりって魅力を感じませんか?

そしてそれを持つ人の話って、聞いてみたいと思いませんか?

 

昨日の彼女とはよくファッションの話をします。彼女は毎回いろんな服を着て現れ、私を楽しませてくれます。淡いラベンダー×グレーが彼女のカラーなのですが、それがまたとても似合っていてカワイイんです。

髪の毛も明るい色をしていて、パッと見てオシャレだなカワイイなと思う。そこには彼女のこだわり、そして人柄が表れています。

 街で見かける女の子もそう。いろんな街にいくとその街に合ったような女の子がたくさんいて、黒で統一したモードな子、フリルをうまく使った子、あえてズラしたアンバランスさをウリにした子、彼女達が「自分のカワイイとはなにか?」を考えて考えて作っている。

 そういう子達を見かけると、ああプライドを持ってこだわりを磨いているんだ、話してみたいと思います。

 

次に「勉強をする人」

私には何人か友達がいますが、その誰もが常に勉強をしている人です。

親友は今某有名大の院生で法律を勉強しています、その話も面白いし、彼女とはよく海外ドラマの話をします。たくさんの海外ドラマを見ては私に教えてくれるので、私も楽しみが増えるのです。

昨日の友達とは終電近くまで映画の話で盛り上がりました。広いジャンルを網羅している彼女と話すと、また新しく見るべき作品が見えてくるし、これまで私が見た作品もオススメするのは楽しいです。共通で見たことがある作品はアレコレ批評しあって好みを掘り下げていく。その作業って、なにものにも変えられない興奮がありますよね。

 

 勉強ってなにもニュースや教科書だけじゃないんです。雨宮まみ著「だって女子だもん!!」の中の、雨宮まみ×湯山玲子対談で湯山玲子さんがこんなことを言っていました。

「みんなもっと勉強をするべき、興味のない映画も毎日見続けてみる。勉強だから楽しくないですよ、でも勉強するべきなんです(要約)」

 

本当にそうだなって、改めて実感させられました。テレビも見ない、本を読まない、映画を見ない、音楽を聞かない、、、それではいったいなにを吸収してなにを吐き出しているのか。特に私は、本を読むべきだと思います。

哲学書でもエッセイでも小説でもなんでも、一つの話題しか載っていない本なんてないんです。小さくともいろんな情報が詰まっていて、日常生活でふいにネタにできるようなことがたくさんある。

そしてそれをうまく使うことができれば、人を楽しませる話ができる。人を楽しませる話ができれば、さらに楽しませてくれる人が寄ってくる。

会いたい人が増える。

 

 

「こだわりのある人」「勉強をする人」

 

この二つが、私は中身のある人なんじゃないかと思います。そして、20代後半からはそういう人の毎日が充実していく。

カワイイだけじゃ駄目なんです。いくら外見がカワイくたって、そんなの20代前半まで。それだけじゃ生き残れない、っていうか、カワイくない。

 

いろんなことを勉強して、センスを磨いて、人を楽しませる力がある女性。それってすごく魅力的に思いませんか?

 

「魅力的な女性達ってなんだ?」

昨日、私たちが出した結論はこうでした。

 

厭世ガール 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3・14

f:id:ensei_diary:20160314215726j:image

 
今日は雨も降っていたし、寒かったですね。
せっかく、最近は暖かく、コートを着ないまま気軽にお散歩に行けたのに、これほど雨が降っていては買い食いもできない。縮こまって肩も凝るし、疲れるし。

そうして家に籠るのも数日、外に出たくなって今日は近距離の上島珈琲に行きました。
細々とした連絡や、問題処理を片付けた後は久しぶりにドローイングをしました!
落書きさえ出来る気分じゃなかったのに、入院中以来かなあ。頭が少しまとまっていて、よかったあ。

自殺未遂をする少し前から、頭が散らかって読書もできない、日記も書けないただただ薬飲んで寝るしかできなかった事を考えたら結構な進歩ですか?うれしいな。まだ電話が克服できないけど。

上島珈琲でのお気に入りは、無糖ミルク紅茶or珈琲です。
ちょうど良いですよ❤️

トワモワカフェ?

最近は持ち直したと思ったのにまたつまづきました
連絡大好きだったのに、とりあえずライン閉鎖
しばらく一人で耐えます、、やる気をためるんだ!

f:id:ensei_diary:20160305231237j:image f:id:ensei_diary:20160305231258j:image

錦糸町のトワモワカフェにお邪魔しました?
お席の写真は撮れなかったけど、全席いろいろな
ソファが置いてあってカフェ雑誌やファッション雑誌がたくさん置いてありました

店内にはオリジナルトートバッグや、小さなクッキーも売られていて素敵です

優しそうなお姉さんが二人で楽しそうにやっていて、本を読むもヨシ、作業するもヨシのゆったりした雰囲気が素敵でした 私は卯月妙子人間仮免中を読みました( Ꙭ)♡

メニューはサンドイッチやワッフル??? 
抹茶のガトーショコラもありました
人気店ですので、お時間はズラしてみたりが良いかな?

錦糸町駅北口から徒歩10分です(◜௰◝) ♡


最近のコスメ事情?

f:id:ensei_diary:20160226210543j:image

最近楽天ポイントで買いました化粧品です??
益若つばさちゃん好きでつい

手に持っているのはラベンダーカラーの下地ですが、たしかに気持ち明るくなるような?私は普段、化粧品は1番白い種類を使用するのですが違和感なく使えてます ピンクカラーの下地は持っているけど、ラベンダーカラーの下地は持っていなかったので一つ持っていてもいいかな?と思います( Ꙭ)♡
思ったよりも小さいのでポーチに入れられるなあ

右はシアー系パウダーです これもcandydoll?☄
パール入りで透明感あります、カバー力はないけどチークを塗った後のほっぺや、目尻など気持ち明るさが欲しいときに活躍するかな?
そんなに目立ってキラキラはしません 艶考あるかな♡

真ん中のマスカラはバーガンディとレッドの2色?❤️ 正直2色間での差がわからないし、赤すぎて普段の服装には合わないかもしれない
もう少しバーガンディの方が色が深ければなあと思います( Ꙭ)、、オレンジを買えばよかったかなあ
春に使えそうですよね

???

聞いてください!
f:id:ensei_diary:20160226212155j:image

クマが!!!!!!!!ヒドイ!!!!!!!!
最近こすりすぎて目の下が真っ黒になってしまいました、、、、毎日IPSAのメタボライザーで美白をしようと頑張っているけど、効果あるのかなあ ないと困るなあ、、、 助けて、、

f:id:ensei_diary:20160226212421j:image

助けてメタボライザー!